仕事のストレスをホストクラブで発散しています

キャバ嬢の仕事は頑張れば収入は増えるものの、ストレスもたくさんあります。

いろいろなお客さんが来るので、話を合わせるのも疲れるんです。

「お金を払っているんだから何してもよい」というようなお客さんも多くて、イライラが溜っていきます。

同じキャバ嬢の友人に連れられて行ったのが「ホストクラブ」でした。

はじめは時間制で5000円ということで、軽い気持ちで通い始めました。

でも、すぐにお気に入りのホストができてしまい、彼の気持ちをつなぎとめたくてボトルを入れたり、プレゼントをしたりと、キャバクラで働いたお金をたくさん貢ぐようになりました。

「疑似恋愛」ということはわかっていても、彼がほかのお客さんと仲良くしていることが許せないのです。

「負けたくない」という嫉妬心から貢いでしまうという、典型的なホストクラブの罠にはまってしまいました。

私を誘った友人も私と同じような感じでした。

彼と一緒にいると、とにかくストレスが解消されるのです。

時折うなずきながらキャバクラでの仕事の愚痴を言うと「えらいな。頑張ってるね」と励ましてくれます。

ホストクラブに通う前は普通に彼氏もいたのですが、やはり、ホストの彼は女性を扱うプロなので普通の彼氏では物足りなくなり別れてしまいました。

今は、ホストの彼に夢中で、そのためにキャバクラでの仕事も頑張っています。

アフターなども増やし、人気のキャバ嬢になるべく邁進中です。

「いつか本気で彼に好きになってもらいたい」とだめだと思いながらも期待しつつ、今日もホストクラブに通っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です